全身の脂肪吸引ブログ

管理人:ぽぽ

このカテゴリでは、全身=4部位以上の脂肪吸引をレポートしているブログを紹介してるよ。

資金力も行動力も「すごい!」の一言。ちょっと勇気がいるかもしれないけど、読んでいくと「脂肪吸引」についてばっちりとわかるはず。

lincoの脂肪吸引記録

lincoの脂肪吸引記録写真
引用元HP:lincoの脂肪吸引記録 https://ameblo.jp/linco00/entry-12456622758.html

年齢とともにダイエットの効果が出にくくなったことを機に、太もも・お腹・二の腕と全身の脂肪吸引に踏み切ったlincoさんのブログ。最初のカウンセリングから術後8ヶ月目までの様子が、豊富な写真とともにレポートされているよ。

  • 記事の時期:カウンセリング~8ヶ月
  • 記事数:150記事(アメンバー限定が多いです)
  • ブログURL:https://ameblo.jp/linco00/

他のブロガーさんに比べると、比較的ダウンタイムが軽めの印象。でも、旦那さんやお子さんに内緒の脂肪吸引なので、日常生活にはさまざまな苦労があったみたい。家族に内緒で脂肪吸引を受けようと思っている方は、参考になる内容だよ。

「脂肪吸引でコンプレックス脱却〜THE CLINIC、ジョウクリニック〜」

脂肪吸引でコンプレックス脱却〜THE CLINIC、ジョウクリニック〜写真
引用元HP:脂肪吸引でコンプレックス脱却〜THE CLINIC、ジョウクリニック〜 https://ameblo.jp/hirayakurashi/entry-12489989405.html

出産後の下半身太りがコンプレックスで、全身の脂肪吸引を決意したAKOさん。他のブログではあまり見かけない、クリニック選びの詳細や費用についての解説がとにかく豊富!

他のブロガーさんに比べると、比較的ダウンタイムが軽めの印象。でも、旦那さんやお子さんに内緒の脂肪吸引なので、日常生活にはさまざまな苦労があったみたい。家族に内緒で脂肪吸引を受けようと思っている方は、参考になる内容だよ。

「メス入れます〜脂肪吸引体験〜」

「メス入れます〜脂肪吸引体験〜」写真
引用元HP:「メス入れます〜脂肪吸引体験〜」 https://www.dclog.jp/tkol_2016/

背中以外の全身の脂肪吸引をレポート。豊富な写真で経過を見せてくれているため、全身がどのように変化していくのかが分かりやすいよ。

ひとつ脂肪吸引をするたびに、どんどん欲が出てきて最終的に全身になってしまったたまさん。クリニックに対する不安や不満といった部分も隠さず書いているため、脂肪吸引のリアルな意見が聞けるブログだよ

全身の脂肪吸引

全身を脂肪吸引は体の気になるさまざまな部分をまとめて施術するため、自分の理想的なシルエットに近づきやすいのが特長。

基本的にどの部位を施術する場合でも、受ける方が痛く感じないように脂肪吸引では全身麻酔をかけてからおこなわれます。

脂肪吸引を検討される方が多い箇所である二の腕やふくらはぎ、お腹などを複数の場所を施術するのが全身の脂肪吸引と呼ばれます。

本来部分的にスッキリさせることを目的としているのが脂肪吸引のため、クリニックによっては全身というコースが設定されておらず、各部位を合わせた施術になることもあります。一度にたくさんの場所を脂肪吸引することは体に大きな負担がかかることから、いくつかの部位ごとに分けて複数回施術するのが一般的です。

下半身から上半身など順番をクリニックと相談して決めることになるので、事前に脂肪吸引ブログの術後状況などを踏まえ、どの部位からおこなうかを検討しておきましょう。

吸引する脂肪量が多いと、日帰りではなくて術後の安静を踏まえて1日から数日入院することもあります。数日後には再度健康状態確認のためクリニックで検査などを受け、そのあとも包帯や圧迫の処理、状態を診るために何度か通院します。一般的には3ヶ月目まで1ヶ月ごとにこれを繰り返し、その後も問題がなければ通院は終了します。

全身のダウンタイムとアフターケア

全身を脂肪吸引した後のダウンタイム

脂肪吸引の施術を受けた後には、ダウンタイムといってむくみや痛みなどが発生する期間があります。時期によって症状も変わってくるので、適切なケアをすることが大切です。ダウンタイム期間は日常生活に影響がでることもあるので、休みが続く時期を利用するなど予定に合わせて治療するようにしましょう。どのような影響があるのかは脂肪吸引の体験ブログでリアルな体験談が書かれており、非常に参考になります。

全身の脂肪吸引後の術後

脂肪吸引後のダウンタイムの症状には個人差はありますが、大まかな傾向があります。日常生活もできる程度まで落ち着いているのも含めると、トータルでは3ヶ月ほどが目安です。

施術が終わった後から数日間は大小なりとも内出血が起きているため、腫れやむくみなどの症状がみられ、多少の痛みも感じることがあります。むくみを抑えるための圧迫処置をおこなうのもこの時期です。入浴は難しいですがシャワー程度であれば可能となります。

抜糸をおこなう1週間前後では痛みやむくみはある程度落ち着いてきて、入浴もできるようになります。 施術から2週間前後ほどで脂肪吸引した場所のラインが以前と異なってきれいになっていることを感じやすいです。その後も徐々にラインが徐々に整っていきますが、3ヶ月ほどがむくみもなくなり圧迫も不要となる時期で、全体的に落ち着いたら通院も終わります。

体調に合わせて施術は無理なく受ける

全身で複数回にわける場合、ダウンタイムがある程度と完全に落ち着いてからのどちらで別の施術をおこなうかはクリニックにより異なります。事前に施術スケジュールは医師と相談して決めておくことにはなりますが、ダウンタイムが辛く、続けて施術するのは負担が大きいと感じたら2回目以降の施術を遅らせるなどの要望を伝えましょう。

脂肪吸引は施術を受けて終わりではなく、その後もダウンタイム期間に何度も通院します。生活で不安な点があるときや痛みが収まらない場合などにはすぐに医師に相談しましょう。

全身を脂肪吸引した後のアフターケア

ダウンタイムの時期はしっかりとアフターケアをすることで回復が早まりやすくなります。2、3日ほどは痛みを感じることがあり、冷やしておくと痛みが和らぎやすいです。ある程度痛みが収まってくると反対に血流を改善させるために暖めるようにします。

マッサージすることも血流改善につながるので、高周波エネルギーを使うインディバでマッサージを受ける方もいます。体内の温度が上がり脂肪燃焼が早まる期待もある方法です。

激しい痛みがある場合は無理に我慢せずに、もらった痛み止めを飲んで対処しましょう。冷やしたり薬を飲んだりしても改善しない場合にはクリニックに相談してください。

栄養をとり規則正しい生活を

ダウンタイム中は体を元の状態に戻そうとさまざまな場所でエネルギーが使われているので、疲労をためないように気をつけましょう。偏らない食事で栄養をとり、激しい運動はせずに生活リズムも規則正しくすることを心がけてください。

座るときにはクッションを活用

下半身の脂肪吸引後は床に直接座ると痛みを感じてしまうこともあるため、クッションを敷いたり便座に柔らかい素材をつけたりなどの処置をおこなうのがよいです。

脂肪吸引後のケアは医師の指示の下で行う

冷やすことやマッサージはあくまで一般的な脂肪吸引後のアフターケアのため、どんな人でも最適とは限りません。特に全身の脂肪吸引は体へ負担が大きくケアのつもりが体へのダメージにつながりかねません。いつからマッサージを受けられるかなど個人によって差があります。ブログを参考にすると事前に流れなどがわかり心の準備や知識をもっておくことができますが、必ずしも自分にとってよいとは限らないことを忘れずにチェックしましょう。アフターケアは自分でやる前に医師にやってもよいかを相談してください。

全身の術後圧迫について

全身の脂肪吸引後には圧迫固定というのをおこないます。痛みを感じない程度でも体の内部では内出血が発生しているので、むくみや腫れを抑えるための処置です。バンドやガードルなどが圧迫に使われますが、実際に何を提供してくれるかはクリニックや部位によって異なります。

脂肪吸引ブログでは圧迫を忘れないようにするといった記載や圧迫服について紹介しているケースなどがみられます。全身施術の圧迫は長時間だと苦しく感じることもあるため、どんな服で圧迫しているかや、着ていられる時間などはとても役立つ情報です。

全身で脂肪吸引ができないケースとその理由

全身の脂肪吸引は体全体が理想の体型に近づくというメリットがありますが、できない場所もあります。

脂肪が少ない場所

吸引できる脂肪が少ない場所は施術することができません。少ないといっても太く見える部分が該当することもあります。例としては内臓脂肪や筋肉が多いために太く見えるケースや皮膚のたるみが原因の場合です。特に背中や肩周りなどが難しい部位に該当しますが、クリニックで対象可能としている場所以外は施術不可と考えておきましょう。

以前に脂肪吸引した部分

過去に脂肪吸引をおこなった場所をもう一度施術することは避けるクリニックもあります。これは個人差や状況によっても異なりますが、同じ場所の脂肪吸引をすることは初回よりも難易度が高くなり、うまく吸引できずに体型が崩れてしまう可能性が高くなるためです。

クリニックによっては別の場所でイメージどおりにならなかったと悩む方に対応してくれるケースもあるため、しっかりと相談してみると過去と同じ箇所を施術できることもあります。

未成年者や高齢者、妊娠中の方

クリニックによりますが、未成年や高齢者、妊娠中の方などは脂肪吸引を受けられない場合があります。

実際には何歳の体だと脂肪吸引にできないというわけではありません。未成年は保護者の同意を得ずに手術を受けることは難しいことや、医療ローンを組むことができないといったことが理由です。そのため保護者の同意や同伴、支払いのローンを保護者名義で対応できる場合もあり、年齢の下限は18歳や20歳など異なります。

高齢者の場合は体のなかで出血が起きることや、合併症などのリスクが考えられるためで、対象外の年齢もさまざまです。クリニックによっては60歳の方を脂肪吸引しているケースもあります。

妊娠中の方は母親と赤ちゃんへのリスクを避けるために基本的に施術はできません。既に出産を終えて授乳している場合、終わりに近づいている時期であれば部分的に対応しているクリニックもあります。

いずれの場合でも避けておくことが安全ではありますが、状況によっても異なるためどうしても希望する方はクリニックに相談してみましょう。

全身の脂肪吸引のリスク

全身をまとめて脂肪吸引することにはリスクも少なからずあります。

体力の消耗が大きい

全身のさまざまな部位を合わせて脂肪吸引することは術後の疲労や体への負担が大きいです。施術する医師やクリニックと相談のうえで決めることになり複数回に分けて受けるのが基本ですが、その分施術後のダウンタイムも発生してしまいます。

合併症の発症

小さな穴を開けるだけで済む脂肪吸引の施術などもあるものの、体に傷をつけるために感染して何らかの症状が発生してしまう可能性もでてしまいます。大量の出血や脂肪が血管に入り込んで詰まってしまうといった事例がありますが、施術するクリニックの設備や技術が充分ではないことが大きな要因です。

脂肪吸引ブログを見るときには術後のダウンタイム期間など主に気になりやすいかもしれません。どこのクリニックで施術を受けているのかを記載しているブログもあるので、感染症が起きていないのかも含めてチェックしておきましょう。

理想のラインどおりにならない場合

脂肪吸引は担当する医師の技術が施術後の体型に大きく影響します。そのため、施術が終わったけれど思っていたのと体のラインが違ってしまう可能性もなくはありません。例としてくびれてはいるけれど右と左のバランスが悪かったり、満足できる細さになっていないなどです。

医師の技術が不足していることもあれば、どのような体型にしたいのかという要望が伝わっていないこともあります。失敗しないためには、技術も高く信頼できるクリニックを選ぶことが大切です。

信頼できるクリニック探しは、ブログを記載している方でも悩んでいる部分です。失敗しないために「おすすめ!ブログで人気の脂肪吸引クリニックまとめ」のページや下記の神ブログを是非参考にしてください。

脂肪吸引したいなら
読んでおくべき!
神ブログ4