クリニック日比谷の脂肪吸引

ここでは、脂肪吸引の口コミで評判の良いクリニック日比谷をピックアップ。施術の特徴、実際に施術を受けた人のブログなどを紹介します。

クリニック日比谷の脂肪吸引の特徴

クリニック日比谷の脂肪吸引の方法と、料金の目安をまとめてみました。

脂肪吸引の方法

脂肪吸引

料金の目安

二の腕:243,000円

お腹(下腹部):223,560円

太もも(内側):233,280円

クリニック日比谷の脂肪吸引のアピールポイントは?

クリニック日比谷の、アピールポイントはどういったものなのでしょうか。

仕上がりのデザイン力にこだわる内浦総院長

クリニック日比谷のアピールポイントは、脂肪吸引後の美しさ。脂肪吸引の世界ではよく聞かれる「仕上がりが凸凹になる」という現象は、脂肪吸引をするだけでデザインを意識していないから。少しでも多くの脂肪を除去することは大切ですが、その結果、表面が凸凹になってしまうようでは美しくありません。

しかも、脂肪吸引を一度行なうと二度と元の形には戻らないため、実は失敗が許されない手術でもあるのです。

クリニック日比谷で脂肪吸引を行なうのは内浦総院長。脂肪吸引後のデザイン性にとことんこだわる職人的な医師です。

クリニック日比谷の医師と
脂肪吸引した人のおすすめブログ

クリニック日比谷の医師が書いているブログと、実際に脂肪吸引をした患者さんのブログをそれぞれ紹介します。

おすすめブログ1.
クリニック日比谷 内浦康信医師のブログ

二の腕・付け根・背中・腰の脂肪吸引 20歳 158cm 52kg
引用元HP:クリニック日比谷 内浦康信医師のブログ
https://www.cl-hibiya.com/dr-uchiura-blog/liposuction/arm-liposuction/arm_liposuction_20_158_52/

最初に紹介するのは、クリック日比谷の院長である内浦康信医師のブログです。内浦康信医師は、形成外科として10年以上脂肪吸引の施術をしているベテランの医師。数多くの患者さんの体を、理想の体型へと変える手伝いをしています。

ブログでは、背中についた肉と背中のしわが気になる患者さんを、脂肪吸引で変貌させた様子をつづっています。背中は皮が厚く、他の体の部位に比べて、取れる脂肪が少ない箇所です。そのため、脂肪吸引をしても、背中のしわを消せない場合が多くあります。

しかし、内浦康信医師による脂肪吸引で、術後6カ月で綺麗な背中が出来上がりました。このような脂肪吸引が比較的難しいと言われる部位の症例を、ブログで確認できるのでおすすめです。

おすすめブログ2.
ぽんちゃん☆初の脂肪吸引☆の経過ブログ

53日目の脚☆比較
引用元HP:ぽんちゃん☆初の脂肪吸引☆の経過ブログ
https://ameblo.jp/kanamutotaku/entry-12285666309.html?frm=theme

実際に、クリニック日比谷で、内浦康信医師に脂肪吸引をしてもらったぽんちゃんさんのブログです。ぽんちゃんさんは、太ももと二の腕の脂肪吸引をしています。太ももの内側と前面、膝まわりを脂肪吸引した結果が細かく書かれています。

ただ、ぽんちゃんさんは、二の腕に比べて太ももの脂肪吸引はかなり痛かったようです。どうせやるなら、一気に太ももの外側も脂肪吸引をすれば良かったとブログで思いを語っています。このように、ぽんちゃんさんのブログは、成功体験だけでなく、もう少しこうすれば良かったという失敗体験も見られるのでおすすめです。

おすすめブログ3.
ななみ 脂肪吸引記録

二の腕、背中 半年後!
引用元HP:ななみ 脂肪吸引記録
http://blog.livedoor.jp/s4unny/archives/35116300.html

もう一人、クリニック日比谷で脂肪吸引をした人のブログを紹介します。「ななみ 脂肪吸引記録」は、ほほ·あご·首·二の腕·二の腕の付け根の5か所を脂肪吸引した体験をつづったブログです。

洋服を気にせず購入できるようになったと嬉しさを語っています。5か所の部位の変化を写真で載せているので、どこを脂肪吸引するか悩んでいる人はぜひ参考にしたいブログです。

基本情報

本院住所:東京都千代田区有楽町1-5-1日比谷マリンビルB2

本院TEL:0120-115-634

院長名:内浦康信

脂肪吸引について:手術の多くは1日で終わります。同時に脂肪吸引できる部位の数はクリニックによって異なります。手術には全身麻酔が使われますので、過去に麻酔でトラブルがあった人は、必ずクリニックに申告が必要です。脂肪吸引後に注意するべきものとしては、傷跡、感染、表面の凸凹、血腫などがあります。これらは吸引後に表出してしまう症状なので、ダウンタイム中は医師の指導に従い、症状の緩和と回復を行ってください。

また施術の内容によっては、感染症、知覚異常、腹膜損傷、血栓・脂肪塞栓や麻酔による合併症が稀に発症する可能性があります。こうしたリスクを最小限に抑えるために、安全管理や麻酔体制を整えたクリニックで施術を行ってもらうようにしてください。

脂肪吸引したいなら
読んでおくべき!
神ブログ4