脂肪吸引の体験ブログから、失敗しないクリニック選びを学べるサイト

脂肪吸引の体験者ブログまとめ~みんなの本音をチェック~

HOME » 失敗しないために要チェック!脂肪除去手術の基礎知識 » 痛み・後遺症・失敗の恐れは?

痛み・後遺症・失敗の恐れは?

このページでは、脂肪吸引手術における痛みや後遺症などについて解説します。また、手術の失敗リスクを避けるためには何が必要なのでしょうか?

脂肪吸引に痛みはあるの?

脂肪吸引について、手術中の痛み、手術後の痛みについて解説します。

手術中の痛み

痛み脂肪吸引には、「切る」タイプと、「切らない」タイプがあります。

切らない脂肪吸引は、痛みを伴いません。問題は切る脂肪吸引です。

結論から言うと、切る脂肪吸引も痛みはありません。基本的には全身麻酔で行ないますので、眠っている間に手術が終了します。意識があったとしても、かなり朦朧としている状態で、痛みは伴いません。

あえて言うならば、麻酔をするときの痛みです。最終的にはガスで眠る処置をするのですが、それまでの間は鮮明な意識の状態で、いくつかの麻酔をしなければなりません。尿道に管を通す必要もあります。

これら麻酔のプロセスが少し痛かった、または、気持ち悪かったという人もいます。

手術後の痛み

麻酔が切れれば痛みが生じます。筋肉痛のような痛みと表現する人が多いようです。

痛みは徐々に和らいできますが、おおむね3日程度は続くと考えておいたほうが良いでしょう。

部位によっては、日常生活がままならないような痛みを伴う例もあります。

脂肪吸引に後遺症やリスクはあるの?

脂肪吸引の後遺症の中に、とくに重篤なケースに至るようなものはありません。

ダウンタイム中には体に様々な不便や不具合が生じますが、これを後遺症と言うかどうかは人によります。

ダウンタイム中の必然的な不具合も含め、広義での後遺症と呼べるようなものには、以下のものが挙げられます。

  • 内出血:脂肪細胞を吸引するわけですから、無数にある毛細血管の1本も破壊されないということはありません。どんな人でも内出血は見られます。1~2ヶ月で自然治癒します。
  • むくみ:施術部位が腫れたように膨らんでしまいます。これも通常、どんな人にでも見られる症状。数週間で自然に引きます。
  • かゆみ・かぶれ:手術後のテーピングなどの影響で、皮膚にかゆみ・かぶれが生じる場合があります。重症化はしませんが、クリニックから適切な薬を処方してもらいましょう。
  • 感染症:切開した部分から感染症を起こすことがあります。世の中にあるすべての手術にともなうリスクです。

失敗・後遺症を避けるために

以上のように、脂肪吸引には痛みはほとんどなく、また重篤な後遺症もほとんど発生しないと言えます。

ただし、医師の技術力によっては、内出血やむくみのどの症状が著しく違ってくる場合があります。

また、後遺症とは異なりますが、理想通りの脂肪が吸引されなかった、という手術の失敗例も聞かれます。

これらのリスクを回避するためには、クリニック選び、医師選びが非常に大切です。クリニック選び、医師選びに際しては、なかなか身近に助言をしてくれる人もいないと思われますので、外部の情報を頼りにするしかありません。

口コミサイトはある程度参考になりますが、内容が端的で具体性に欠ける点が否めません。

クリニック選びでもっとも参考になるのは、実際に脂肪吸引を行なった人たちの「個人ブログ」でしょう。個人ブログであれば、内容が詳細であるばかりでなく、とくにクリニックとは利害関係もないので、良いこと、悪いことが率直に書かれてあります。

脂肪吸引のリスクを回避するためには、個人ブログで判断。これが基本です。

 
ページの先頭へ
脂肪吸引の体験者ブログまとめ~みんなの本音をチェック~