脂肪吸引の体験ブログから、失敗しないクリニック選びを学べるサイト

脂肪吸引の体験者ブログまとめ~みんなの本音をチェック~

HOME » 失敗しないために要チェック!脂肪除去手術の基礎知識 » 切る脂肪吸引と切らない脂肪吸引の違い

切る脂肪吸引と切らない脂肪吸引の違い

ここでは、切る脂肪吸引と切らない脂肪吸引の違いについて解説します。同じ脂肪吸引でも、手術方法はもとより、メリットやデメリットもずいぶん違います。

切る脂肪吸引と切らない脂肪吸引

切る脂肪吸引と切らない脂肪吸引一口に脂肪吸引とは言っても、「切る脂肪吸引」と「切らない脂肪吸引」とがあります。

切る脂肪吸引とは、文字通り皮膚を切って脂肪を吸い取るもの。皮膚を切ってカニューレというストローのような医療器具を挿し、脂肪を直接吸い取る方法です。

ベイザーリポやボディジェットなどが切る脂肪吸引の代表例です。ほかにもたくさんあります。

切らない脂肪吸引とは、皮膚を切らずに、脂肪を減らしたい部分に特殊な医療機器をあてて脂肪を溶かしたり破壊したりする方法。

ライポソニックス、ゼルティック、ウルティマアンサンブル、スマートリポレーザーなどが切らない脂肪吸引の代表例です。ほかにもたくさんあります。

切る脂肪吸引のメリット・デメリット

切る脂肪吸引と切らない脂肪吸引があると聞くと、普通は切らない脂肪吸引のほうが良いと感じるでしょう。皮膚を傷つけることなく痩せられるなら、それに越したことはありません。

ただ、どちらにも一長一短があり、比較してみると、切る脂肪吸引にも大きなメリットがあります。

切る脂肪吸引のメリット

切る脂肪吸引の最大のメリットは、短期間で理想の体型に近づくことができるという点です。即効性があるということですね。

無理に急激なダイエットなどをするよりも即効性があり、なおかつ体にも安全という点がメリットになるでしょう。

また、施術部位についてはリバウンドしないという点もメリットになります。太るという現象は、脂肪細胞が膨らむということ。その脂肪細胞自体を吸引してしまうわけですから、太りにくくなります。吸引できなかった残りの脂肪細胞が膨らんでしまうことはありますが、手術前に比べればだいぶ太りにくい体になります。

切る脂肪吸引のデメリット

切る脂肪吸引のデメリットは、体への負担です。

脂肪吸引は、各種の麻酔を使い眠らせた状態で行なう、いわば大手術になります。麻酔が切れて目覚めたあとの体調やダウンタイムの痛み、腫れなど、人によってはかなり著しく日常生活に大きな支障をきたしてしまうこともあります。

また、脂肪吸引は少々乱暴な言い方をすれば、医師による手作業になるため、どうしても「うまい」「へた」が出てしまうことになります。経験豊富で、かつ手先の器用な医師に手術をしてもらえれば良いのですが、運悪くその逆になってしまっては結果がだいぶ異なってしまうことがあります。

切らない脂肪吸引のメリット・デメリット

一方で切らない脂肪吸引のメリット、デメリットはどんなものでしょうか?

切らない脂肪吸引のメリット

切らない脂肪吸引のメリットは、体への負担がほとんどないこと。切開手術をするわけではないので手術中の痛みはもちろんなく、手術後の腫れや痛み、むくみなどもほとんどありません。ダウンタイムがないとも言えるでしょう。

放置していれば自然に脂肪が排出されて細くなってくる、という意味では、「やせ方が自然」というのもメリットの一つでしょう。

切らない脂肪吸引のデメリット

切らない脂肪吸引のデメリットは、目に見えるような大きな即効性が期待できないこと。切る脂肪吸引とは違い、切らない脂肪吸引は、一度に大量の脂肪を取り除くことができません。

二の腕など小さな範囲に微小な変化をもたらすことはできますが、お腹周りの脂肪を劇的に減らす、などといったことには適していません。

 
ページの先頭へ
脂肪吸引の体験者ブログまとめ~みんなの本音をチェック~