脂肪吸引の体験ブログから、失敗しないクリニック選びを学べるサイト

脂肪吸引の体験者ブログまとめ~みんなの本音をチェック~

HOME » 失敗しないために要チェック!脂肪除去手術の基礎知識 » どんな機械を使うの?

どんな機械を使うの?

ここでは、脂肪吸引の代表的な方法から、ベイザー、ライポソニックス、ゼルティック、スマートリポレーザーの4種類をピックアップして紹介します。

ベイザーリポ

ベイザーリポベイザーリポは、脂肪細胞を柔らかく溶かして吸い取る方法。ベイザー波とは、脂肪を溶かす能力を持った振動エネルギーです。

ベイザーリポのメリット

皮下脂肪の約90%を取り除くことができると言われており、吸引される脂肪率としては、全手術のなかでもトップクラスと言えます。ダインタイムも比較的短くて済みます。

ベイザーリポのデメリット

従来の方法に比べ吸引がしやすくなる反面、医師の技術力の影響が施術結果に現れてしまうことがあります。

また誰でも使用できるわけではなく、使用するには認定が必要となるため、近くのクリニックでは施術を行うことができない可能性があります。

ライポソニックス

ライポソニックスとは、特殊な超音波を照射することによって脂肪細胞を溶解する方法。溶解された脂肪細胞は、時間とともに体外へと排出されます。

狙いを定めた細胞を破壊する医療技術のため、がん治療にも用いられることがある方法です。

ライポソニックスのメリット

治療が1回で済むことがメリットです。

1度だけライポソニックスを照射してしまえば、時間をかけて徐々に脂肪が溶解し外へと流れ出ていきます。忙しくて通院が難しい方などに向いています。

ライポソニックスのデメリット

ある程度の厚みを持った脂肪細胞にしか照射ができない、という点です。

皮下脂肪が2.5mm以下の部位、一般的には顔などの場合には照射は難しいでしょう。

ゼルティック

ゼルティックは、脂肪細胞を凍結させることで破壊するマシンのこと。一度凍結した脂肪細胞は再生することがないため、時間をかけて徐々に体外へ排出されます。

ゼルティックのメリット

切らない脂肪吸引のひとつなので、体への負担はほとんどありません。ダウンタイム中にマッサージをする必要もなく、手軽な脂肪吸引と言えるでしょう。リバウンドが起こりにくいのもメリットの一つです。

ゼルティックのデメリット

即効性がないことです。破壊された脂肪が体外へ排出されるまでには、一定の期間が必要です。切る脂肪吸引に比べると、痩身効果を確認するまでに時間がかかります。

スマートリポレーザー

スマートリポレーザーとは、レーザーの力で脂肪細胞を破壊する方法です。極細のカニューレを挿入して、そこからヤグレーザーと呼ばれる多機能レーザー(脱毛クリニックでも使用される)を照射して脂肪細胞を破壊します。

スマートリポレーザーメリット

切る脂肪吸引と言えばそうなのですが、ほぼ切らない脂肪吸引とも言えます。

そのため、体への負担は非常に軽く、施術後すぐにでも普段の日常生活に戻ることができます。脂肪細胞が破壊されることから、リバウンドが起こりにくいのもメリットのひとつです。

スマートリポレーザーのデメリット

施術ができるのは、皮下1cmまでの脂肪まで。それより深くは施術ができないため、大量の脂肪を取り除くのは難しいとされています。

医師の技術力の違いによって、腫れや内出血の程度が異なる場合もあります。

 
ページの先頭へ
脂肪吸引の体験者ブログまとめ~みんなの本音をチェック~