脂肪吸引の体験ブログから、失敗しないクリニック選びを学べるサイト

脂肪吸引の体験者ブログまとめ~みんなの本音をチェック~

二の腕、背中

ここでは、二の腕と背中の脂肪吸引について説明しています。最初にダウンタイムも含めた施術の特徴を説明し、その後で、実際に二の腕や背中の脂肪吸引手術を受けた方の気になるブログ記事を紹介します。

二の腕・背中の脂肪吸引の特徴

二の腕や背中の脂肪が気になる方は多いのではないでしょうか。それぞれの脂肪吸引の特徴についてまとめました。

二の腕の脂肪吸引

二の腕・背中施術をする予定の箇所に、まずは先生がマジックでマーキング。そして消毒。手術中は麻酔で眠っているために、痛みは感じません。目が覚めたときには手術は終了しています。

手術の翌日は、検査のため病院で診てもらいます。1週間後には抜糸をし、1ヶ月後、3か月後の検査を経てすべての工程が終了します。

手術後のダウンタイム期間には内出血を伴うむくみ、筋肉痛などが生じることがありますが、1ヶ月ほどたてば以前と同じような自然な状態に戻ります。その後、施術部位が固くなってしまうこともあるのですが、2~3ヶ月ほどで柔らかくなるので安心してください。

背中の脂肪吸引

二の腕と同じように、マーキングの後に消毒をして、あとは麻酔で眠っている間に手術は終了します。

手術の翌日~3日目までの間に、一度通院して診察を受けます。1週間後には抜糸、さらに病院によっては1ヶ月後、2ヶ月後に状態をチェックして終了となります。

ダウンタイムの特徴としては、まず術後1週間程度の筋肉痛(のような痛み)。また、程度に個人差はありますが、2週間ほど内出血が見られます。1ヶ月目あたりから徐々に施術部位が細くなり、2~3ヶ月ほどで安定します。

背中と二の腕にはどんな症状が現れる?

背中や二の腕の脂肪吸引をしたときも痛み、内出血、むくみなどの症状は出ます。脂肪吸引によって起こる症状とそのダウンタイムの期間をみていきましょう。

【痛み】

痛みと言っても筋肉痛のような痛みで、動かすときや触れたときに痛みを感じます。期間は2~3日ほど続きます。

【内出血】

症状の大きさは人それぞれですが大体1~2週間ほどの間に徐々に薄くなっていきます。

【むくみ】

背中は皮膚が硬いため大きなむくみが出るわけではなくあまり気にすることもないでしょう。二の腕の場合、腕全体がむくむことがあります。むくみも1~2週間ほど続きます。二の腕の手術をした部位だけは2~3週間と少し期間がながくなります。

【痒み】

手術部位がかゆくなることがあり、1~2週間ほど続きます。肌を直接かいてしまうと衛生的にも悪く、赤黒い跡がついて色素沈着する可能性があります。かゆみが出たらクリニックに行って痒み止めをもらいましょう。

【拘縮】

脂肪吸引を行うと必ず起きる症状です。施術した部分が硬くなるのですが、マッサージをすることで柔らかくなっていきます。背中のマッサージを自分で行うのは難しいので、ストレッチをしたりできる範囲でマッサージをしたりすると良いでしょう。期間は3~4ヶ月ほどです。

他にもしびれ、傷跡が目立つなどの症状があります。しびれは手術を受けた人の約50%の人に出ますが、2~3ヶ月ほどで治ります。また、傷跡も半年ではほとんどの人が目立たなくなります。

脂肪吸引後はダウンタイムにこのような症状が出てきます。少しでも症状を緩和させるために、二の腕用と背中用の圧迫下着を着用しましょう。

二の腕・背中の術後圧迫について

二の腕や背中を脂肪吸引した後は、患部を安定させるために圧迫を行います。圧迫を正しく行うことによって傷口を止血し、傷口が開くのを防ぐことができます。

吸引を行った箇所は、術後はとても不安定な状態で、浸出液が溜まってくると腫れを生じることがあります。圧迫でしっかりと患部を固定し、安静に過ごすことによって、脂肪層を固定して腫れを抑えることができます[1]。

万が一圧迫が緩いと、脂肪層に繊維質が入り込んでしまい、吸引後の薄い脂肪層が厚くなり、術前に近い状態まで戻ってしまう可能性があります。そのようなトラブルを防ぐためにも、圧迫は決められた期間しっかりと固定しておく必要があるのです。

二の腕や背中は、お腹や太ももに比べて脂肪の取れる量が少ない部位ですが、「根こそぎ吸引」など多量に吸引を行うような手術については、吸引直後に痛みや腫れが大きく出る可能性も。

吸引に使った術式によっても変わりますが、傷口からの出血、腫れ、痛みなどを最小限に抑えるためには、24時間体制で圧迫を着用する必要があります。

最低でも術後2週間頃までは圧迫を行います。クリニックによっては1週間頃から患部へのマッサージを指示されますので、クリニックの指示に応じて患部への揉みほぐしを行ってください。

圧迫の日数はクリニックによって異なりますが、1週間から2週間の間は着用が必須となります。期間中は安静にしながら、無理な動作は避け、適度にマッサージを行って硬縮を防ぐようにしましょう[2]。

万が一圧迫が強すぎる場合は、血流が悪くなったり、吸引を行った部位全体に痛みやしびれなどの影響が出る場合があります。その際は無理に圧迫を外して巻きなおしたりせず、クリニックへ行ってやり直してもらうようにします。

反対に、圧迫が緩いと感じる場合も自己判断で強く巻きなおすことはせず、クリニックに一度相談されることをおすすめします。

二の腕

圧迫直後は出血のほか、腫れや痛み、しびれなどが出現しやすくなります。傷口が癒えるにしたがって、痛みが軽くなりかゆみを伴うことがあります。

二の腕の吸引を行った後は、重い物を持ち上げたり、吊革につかまるなどの動作が難しくなる可能性がありますので、無理な動作は避け、圧迫を外さずに1,2日程度は安静に過ごす必要があります。

かゆみが出ると固定を外したくなりますが、ここで固定をやめてしまうと、二の腕が吸引直後の細さから、吸引前の太さに近づくリスクが高まります。

術後のむくみを最小限に抑えるためも、圧迫用の固定具や下着などを外さず、決められた期間しっかりと着用を続けるようにしてください。

背中

背中の脂肪吸引は範囲によって、痛みの程度や腫れの出る部位が変わります。背中全体をまんべんなく脂肪吸引した場合、全体に腫れや痛みのリスクが伴います。

背中の場合、圧迫には専用の下着を使います。術後は浸出液が漏れだしたり、吸引箇所から出血する可能性があるため、しっかりと圧迫を付けて患部を動かさないようにします。

背中は二の腕に比べて範囲が広いため、浸出液や出血の量が多くなる可能性もあります。浸出液の量が多い場合は水抜きが必要になるため、クリニックに相談されることをおすすめします。

二の腕同様に、傷が治ってくるとかゆみが出てきて固定を外したくなりますが、圧迫が不十分であると術前の状態に近いところまで戻ってしまう可能性があります。

患部は非常にデリケートな状態から、徐々に回復へと向かうため、数日間は痛みやかゆみを我慢しなければなりませんが、圧迫をしっかりと行うことで細くきれいな脂肪層がキープできます。

【参考URL】

参考[1]:脂肪吸引術の回復 - News Medical
https://www.news-medical.net/health/Liposuction-Recovery-(Japanese).aspx

参考[2]:術後の経過と処置方法 脂肪吸引(下半身)
https://www.biyougeka.com/files/9514/0081/6671/after_lower_body.pdf

背中と二の腕の圧迫下着がおすすめ

背中と二の腕を締め付けるための下着は圧迫専用の下着をおすすめします。市販でも売られていますが、脂肪吸引後専用のものが良いでしょう。では、どのような圧迫下着があるのか見ていきましょう。

Eternal脂肪吸引後下着(上腕肩背中用:8分丈)

この圧迫下着は、背中・二の腕・方の脂肪吸引をした人専用の下着です。圧迫下着の中には首回りまで生地があり、隠すために着られる服が限られたり、隠すために新しい服を買ったりと大変なこともあります。しかし、Eternalは首元が大きく開いているので隠す範囲が狭くなり服のバリエーションが増えます。また、腕は肘下まで長さがあるので腕をしっかりと圧迫してくれます。サポーター型ではなくボレロ型なのでずり落ちる心配もありません。また、胸の部分が空いているので胸を持ち上げる効果もあります。

【価格】

通常価格:10,800円(税抜)

割引価格:【SS~L】 7,800円(税抜)  【2L・3L】 8,800円(税抜)

*全国一律送料350円

*15,000円以上購入で送料無料

脂肪吸引後下着(上腕肩背中用:8分丈)

引用元:脂肪吸引術後下着 - 美容外科クリニックでも導入されている安心の術後圧迫下着です
http://eternal-beauty.jp/cosmecare/

医療用二の腕圧迫固定インナー

脂肪吸引後に出る痛みを考慮して負担のないほどの圧迫感と伸縮性を持っていて、シルクプロテイン加工で肌に優しいです。伸縮性があるので着脱しやすく、着たときに肩部分が回しやすいようになっています。静電気防止、紫外線防止、抗菌防臭などの加工もされており、洗濯しても機能性を長く保つことができます。

医療用二の腕圧迫固定インナー

引用元:医療用サポーター(脂肪吸引後の圧迫ケア用品) | アフターケア | 美容整形、美容外科、美容皮膚科なら聖心美容クリニック
https://www.biyougeka.com/contents/care/medical_girdle/

【価格】

ブラック【M・L】 7,500円(税抜)

圧着下着は1日24時間つけ、1ヶ月以上着るものなので、種類やサイズはきちんと確認してから購入するようにしましょう。1着だと着まわせないので、2着以上購入することをおすすめします。

背中と二の腕の脂肪吸引をすすめる理由

背中の場合、肩甲骨の下に脂肪が付きやすく、下着や水着を着ると締めている部分から脂肪がはみ出してしまいます。自分では見えない部分ですが、ピッタリした服や薄い素材の服などを着ていると周りからも分かってしまいます。また、脂肪がつくことで背中に丸みが出てしまい、猫背に見られてしまいます。いくら背筋を伸ばしても脂肪は伸びないので姿勢だけを改善しても意味がありません。

二の腕に付く脂肪は、肩幅が広く見えてしまいごついイメージが出てしまいます。この二の腕の脂肪吸引をすることで、横からみたときの太さや後ろから見たときのふくらみも無くなるので、全体的に華奢に見えます。二の腕の脂肪が減るだけでも印象がかわります。

華奢な体型に見られたい人におすすめなのが背中と二の腕の脂肪吸引になります。人よりも肩幅が気になったり、下着から脂肪がはみ出るのが気になったり、猫背に見られがちなら背中と二の腕の脂肪をチェックしてみましょう。

おすすめ記事をチェック!

二の腕や背中の脂肪吸引を実際に体験した人の話によるとお腹の脂肪吸引も経験したえむ子さんは二の腕の脂肪吸引のことについて手術前から3ヶ月以上も記録しています。とうもろこしさんは全身の脂肪吸引をして5000ccもの脂肪を取り除くことができたようです。写真や手術前後のサイズの変化、金額なども記載されています。様々な体験談があるので紹介するブログを見て参考にしてください。

記事名:二の腕◆26日目

ブロガー:えむ子さん

リリーのコメントこちらの記事では、二の腕の手術後のことを書いてるよ。手術してから1週間くらいで、腕のつっぱりがなくなってきたんだって。手術して最初のころは、痛みとかつっぱりとか、いろいろ大変だったみたいだけど、1ヶ月くらいで日常生活はだいたい大丈夫になったみたい。

同じ二の腕の脂肪吸引とは言っても、人それぞれ術後の経過も違うし効果も違うって聞くけど、えむ子さんは、ほかの人たちに比べると結構順調に推移しているって感じかも。

≫このブログを読む

記事名:二の腕 1ヶ月(画像あり)

ブロガー:タヌコさん

ポポのコメント手術して1ヶ月後のことが、画像つきで説明されているようだけど、1ヶ月でだいぶ細くなった感じね。タヌコさん自身もそれが実感できてるみたい。

ただ、結構大変なこともあって、たとえば腕が上がりにくいとか、形がボコボコしてるとか、ちょっと気になることもあるんだって。ダウンタイムにはよくあることらしいけど、ちょっと気になるね。

≫このブログを読む

記事名:6日目(二腕・腰・お尻)

ブロガー:とうもろこしさん

リリーのコメント二の腕の脂肪吸引をした、とうもろこしさんのブログ。以前にも足の脂肪吸引をしたことがあるみたいで、その時の痛みよりは二の腕のほうがマシだったって。

まだ手術直後の時期のことが書かれてあるんだけど、早くも毎日少しずつ細くなってきたとか。日に日に細くなっていく楽しみが、痛みを吹き飛ばしてくれているみたい。とても明るくて前向きな記事だね。

≫このブログを読む

脂肪吸引は幸せを掴める

こちらのサイトでは紹介していませんが、ウェディングドレスは二の腕が出るので、結婚式に向けて二の腕の脂肪吸引をうけたというブログもあります。一生に一度の思い出に残るウェディング姿、人前にも出るので細くてきれいなシルエットで式を挙げたいですよね。このような思いから片腕650ccもの脂肪吸引をして、右腕-3.5cm・左腕-4cmも細くした体験もあり、その人は手術後ウェディングドレスをきて肩と二の腕のラインが綺麗に出たと書いていました。このように脂肪吸引をすることでウェディングドレスを美しく着るという夢をかなえることも出来ます。

二の腕の脂肪吸引の口コミ

ベイザー脂肪吸引で二の腕の脂肪を除去しました。施術中は麻酔が効いており、強い痛みはなく安全に手術が終わりました。施術後は指示通りに固定やマッサージを行い、元の太かった二の腕が嘘のように細くなって大満足です。二の腕だけが通らなかった服もスムーズに通るようになったので、手術を受けて正解でした。(会社員/28歳)

ずっと二の腕がコンプレックスだったのですが、いくらダイエットをしても効果がなく、諦めかけていたところ、脂肪吸引治療を見つけました。最初は怖かったのですが、カウンセリングと診察でしっかりと施術について説明をしてもらったので、勇気を出して挑戦。年齢とともに脂肪は落ちにくくなるということで、ウォータージェットで脂肪吸引を行いました。結果、すっきりと細くなりまったく見た目が気にならなくなったので、本当にやってよかったと思います。(フリーター/36歳)

昔から太かった二の腕を、思いきって脂肪吸引しました。他にも吸引したい場所があったのですが、上半身は人目につきやすい場所なので、まずは二の腕からチャレンジすることにしました。私が利用したのはボディジェットと呼ばれる吸引方法で、すっきりとした効果が実感でき、あれだけ太かった二の腕が気にならないレベルまで細くなりました。(自営/45歳)

二の腕の脂肪吸引を行いました。施術から一週間後に抜糸をして、腫れに関しては比較的早くに引いてくれたと思います。結果はとても良く、希望していた通りの細さの腕になりました。(会社役員/44歳)

脂肪吸引に怖いイメージを持っていましたが、診察を重ねて不安を取り除いてもらって、安心して治療に臨むことができました。二の腕は頑張っても痩せにくい場所なので、脂肪吸引で細くできたことがとても嬉しいです。(会社員/34歳)

二の腕から肩のあたりまで脂肪吸引を行いました。二の腕の中間地点から付け根までが太かったので、割と広範囲の吸引になりましたが、誰が見ても分かるほどの効果が出てくれたので満足しています。(教師/48歳)

以前、他院で脂肪吸引治療を受けたのですが結果に満足できず、再治療として二の腕の吸引をしました。痛みはそれなりにありましたが、きれいに細くしたかったので再治療でも我慢して受けることができました。先生や看護師さんのケアが的確で、ダウンタイムもスムーズに乗り越えられました。(会社員/32歳)

実績の豊富なクリニックで脂肪吸引を受けました。傷口はほんの数ミリ程度、腕が露出する服装も難なく楽しめるようになってすごく満足しています。施術から数日は痛みでマッサージも思うようにできませんでしたが、なんとか頑張って耐えたおかげで、二の腕の太さというコンプレックスがきれいに解消しました。(会社員/29歳)

背中の脂肪吸引の口コミ

数回目となる脂肪吸引治療として、背中の吸引を行いました。具体的にはブラジャーまわりのはみ出すお肉の吸引です。全身麻酔のため痛みはまったくありませんでしたが、圧迫がきつくて数日間は慣れるのに苦労しました。しかし内出血などのトラブルはほとんどなく、ダウンタイムが終わる頃には気になっていたはみ肉がなくなり、やって良かったと心から思いました。(会社員/30歳)

背中のお肉が何をやっても落ちなくて、脂肪吸引をして取りました。体質的に脂肪が落ちにくいようなので、脂肪吸引で気になる場所をきれいにできたことに満足しています。ダウンタイムが1ヶ月くらいあって、圧迫するのが結構大変でしたが、ダイエットの一環と考えて慣れるようにしました。(パート/43歳)

背中に肉がついてしまい、効果的に落とす方法が見つからなかったので脂肪吸引治療を選びました。実績の豊富な大手のクリニックにかかったのですが、これが大正解で、先生の診察から治療、アフターケアまですべてが丁寧でした。全身麻酔を使ったことも効果的だったと思います。(契約社員/29歳)

ふだん目に見えない背中側の脂肪吸引を受けてきました。当初は腫れがあるかな?と不安でしたが、驚くほどパンパンになるわけではなく、内出血もごくわずか。ダウンタイムを過ぎた頃から、背中がスッキリしていて、鏡を見て驚いてしまいました。(アパレル/36歳)

エステでケアを続けていましたが、なかなか効果が出なかったので脂肪吸引で背中のお肉を落としました。背中のうち、特に脂肪がついているブラジャー周辺から腰にかけてのたるみを中心に取り除いてもらい、結果としてすごくすっきりとした見た目になりました。一度は「切らない脂肪吸引」も検討しましたが、私の場合元々の脂肪の量が多かったので、吸引の方が効率的でした。(医療/43歳)

背中の脂肪吸引治療を受けました。施術中は全身麻酔のため痛みはなく、眠りから覚めた時にはもう終わったの?という感じ。ダウンタイムは1ヶ月程度で、効果を手早く実感できました。背中はお肉が落ちにくい部位なので、コンプレックスに感じている方は脂肪吸引がおすすめかと思います。(会社員/30歳)

ずっと気になっていた背中の吸引治療をしてきました。計画的に、スムーズに治療を終えて、その後も先生からの指示に従ってきちんと圧迫をしたので、とてもきれいな背中に仕上がりました。(会社員/38歳)

背中の脂肪吸引は安い?

背中の脂肪吸引は、クリニックごとに費用が異なりますが、それ以外にも吸引を受ける部位や範囲によって料金が異なります。

また、「シリンジ法」「ウォータージェット法」「ベイザー」「ライポマティック」など、脂肪を吸引する方法によっても料金が変動します。

一般的にシリンジ法がもっとも安い価格で提供され、ライポマティックは最先端の脂肪吸引治療として、金額が高めに設定されています。ただし新しい治療については、モニター制度などを利用して費用を抑えることが可能です。

「背中」といっても首の下から肩、ワキ、ウエスト、腰など幅広い部位にわたります。

いわゆる「ブラ上」「ブラ下」と呼ばれるブラジャーまわりの脂肪のみを吸引するのと、首まわりから腰にかけて広く吸引するのとでは、金額に大きな差がみられます。

部分的なぜい肉が気になる方は、細かい部位ごとに吸引が受けられるクリニックを選ぶことで、安い費用で吸引手術が受けられます。

背中は腹部や臀部に比べて脂肪の量が少ないため、脂肪吸引にかかる費用もそれほど高額ではありません。

費用はクリニックによって違いがありますが、大手のクリニックでは大体30万円程度が相場となっており、高額なクリニックでも60万円前後となっています。

費用を抑えたいという方も少なくありませんが、価格の安い施術だけに注目せず、いろいろな施術方法を検討しながら医師の手腕やアフターケアの有無なども比較すると失敗のリスクを抑えることができます。

10万円を下回る最安値のクリニックもありますが、麻酔料金が別になっていたり、アフターケアに別途料金がかかるといったケースがみられます。

手術費用だけでなく、麻酔代や圧迫にかかるオプション費用、アフターケアの費用、痛み止めの薬代など、トータルでいくらかかるのかを前もって把握しておくことが、お得に脂肪吸引を受けるポイントです。

背中の脂肪吸引で一度にとれる脂肪の量はどのくらい?

背中は腹部や太もも、臀部などに比べて脂肪量はそれほど多くありません。

人によって脂肪のつき方には個人差がありますが、内蔵を守るために脂肪を蓄えている腹部とは違い、一般的に背中にはぜい肉がつきにくくなっています。

一度ついてしまった背中の脂肪は、簡単なダイエット程度では落ちないとされており、脂肪吸引手術によって取り除くのがもっとも効率的です。

一度に取れる脂肪量は人それぞれ異なりますが、数十cc程度から数百ccくらいまでと幅があります。基本的に背中の脂肪量はそれほど多くはありませんので、一度に何kgも体重を落とすことはできません。

背中の皮下脂肪は腹部などに比べて薄いため、医師の手腕や施術方法によって取れ具合が変わってきます。

皮膚の表層に近いところで脂肪吸引を行うため、高い技術力が求められ、また従来のシリンジ法などの脂肪吸引術では深い部分の脂肪しか取れないといった問題があります。

背中は脂肪ではなく骨や筋肉が多くを占める部分なので、表層に近いところの脂肪が取りづらいという特徴があります。

術後のダウンタイムや痛みをできるだけ最小限に抑え、組織へのダメージを防ぐためには、「ベイザー」のような浅い部分の脂肪が除去できる施術がおすすめです。

また、施術前には必ず医師によるカウンセリングが行われます。その際、背中のどの部分に脂肪が多くついているかを確認してもらいながら、理想のボディラインをイメージしてみてください。

背中にほとんど脂肪がついていない方の場合、吸引を受けてもそれほど効果が期待できない可能性があります。

脂肪が少ない人は、必要に応じて医師から「脂肪が少ないので吸引の必要はない」「脂肪溶解注射だけで間に合う」といった内容のアドバイスを受けられますので、脂肪吸引が必要かどうかも併せて確認しましょう。

 
ページの先頭へ
脂肪吸引の体験者ブログまとめ~みんなの本音をチェック~