脂肪吸引の体験ブログから、失敗しないクリニック選びを学べるサイト

脂肪吸引の体験者ブログまとめ~みんなの本音をチェック~

HOME » お腹や太ももなど!脂肪吸引の部位別にブログを紹介 » 太もも、ふくらはぎ

太もも、ふくらはぎ

ここでは、太もも、脚、ふくらはぎの脂肪吸引について解説しています。実際に脚などの脂肪吸引を行った人たちのブログも紹介するので、不安に思う方はぜひ先輩たちのリアルな声を聞いてみてください。

太もも・脚・ふくらはぎの脂肪吸引の特徴

はじめに、太ももや脚、ふくらはぎの脂肪吸引の特徴についてまとめてみました。

太ももの脂肪吸引

太もも太ももや脚、ふくらはぎは、体の中では大きな部位。よって脂肪吸引をする際には、麻酔で眠った状態にする必要があります。意識がない間に手術は終了しているので、とくに痛みはありません。

手術翌日には検査のために通院し、包帯を取って状態をチェックするなどします。1週間後には抜糸のため通院。その後、病院によっては1ヵ月健診、3ヵ月健診と通院することになります。

手術直後には、むくみや内出血が生じます。徐々に悪化していくように見えますので、少々心配かも知れませんが、これらは脂肪吸引の際にかならず発生する症状なので、さほど心配する必要はありません。

術後1週間ほどで施術部位が固くなり、3ヵ月程度で安定的な状態になります。

太もものダウンタイムとアフターケア

太もものダウンタイム

太ももの脂肪吸引をした後は翌日から痛みや、むくみが起きます。痛みは3日ほど続き、その後に徐々に和らいでいきます。

通常の生活を送ることはできますが、激しい運動やマッサージを行うと血行が促され、痛みや腫れが悪化する可能性があるので気を付けましょう。

太もものアフターケア

アフターケアに「インディバ」を取り入れる人が多いようです。インディバは細胞を活性化させて新陳代謝促進の効果がありますが、傷ついた細胞の修復促進にも効果的です。

そのため、脂肪吸引で傷ついた細胞に働きかけることで、回復力が上がり早く直すことができます。

このインディバによるアフターケアは術後1週間~10日くらいから始めると、早めの回復と綺麗な仕上がりが望めます。脂肪吸引はダメージが大きいため、出力を弱くしてからの施術になりますが、1回の施術で実感できるほどの回復が見られます。

痛みの緩和にもなるので、早めのアフターケアを行うと良いでしょう。インディバのケアは必要に応じてクリニックで受けることができるので医師に相談してみましょう。

ふくらはぎの脂肪吸引

太ももの脂肪吸引と同様、麻酔で眠っている間に手術は終了します。笑気ガスを吸引し、背中から麻酔注射を打ちます。

病院にもよりますが、術後1日目~3日目の間に一度通院をして、圧迫テープを外します。1週間目には抜糸のために通院、3ヵ月くらいで状態は落ち着き、半年ほどですっきりと細いふくらはぎが手に入ります。

痛みは術後1週間ほど続くこともあります。併せて内出血が2週間ほど続きます。腫れ、むくみが長期化することもありますが、これはふくらはぎの位置の都合上、重力の影響でむくみやすくなっているため。夕方になると靴がキツくなる現象と同じです。

ふくらはぎのダウンタイムとアフターケア

ふくらはぎのダウンタイム

手術後は軽い筋肉痛ほどの痛みと腫れが2週間ほど続きますが、耐えきれないほどではありません。

また、むくみも長い間出るので手術後1ヵ月ほどは効果を感じることはできません。他にも、脂肪吸引を行うと必ず起こる内出血や拘縮状態が2~3ヵ月ほど続きます。

ふくらはぎのアフターケア

手術後は1ヵ月ほど圧迫下着やテープを巻きます。圧迫は痛みや腫れ、むくみを軽減するだけでなく脂肪層を薄い状態で定着することができます。

そのため、医師の指示通り正しく着用して期間も守りましょう。圧着下着は市販されているため、自分で選んで購入することもできます。

しかし、圧迫し過ぎるものを選んでしまうと治りが遅くなる可能性があるので、クリニックで取り扱っているものを購入したほうが良いでしょう。

脂肪吸引後のケアは医師の指示の下で行う

脂肪吸引後のアフターケアは、医師の判断に従って行うのが最適な方法です。個人ブログには自己判断で間違った治療法を記載されていることがあります。

このような治療法は正しくはないので、鵜呑みにせず参考までに軽く目を通すくらいで見ておきましょう。

このような注意点を意識しながら、太ももやふくらはぎの脂肪吸引を経験した人達の個人ブログを見ていきましょう。

太もも、ふくらはぎの術後圧迫について

女性の太ももやふくらはぎなどの脚部は、皮下脂肪がつきやすく、また体の下側にあるためむくみやすい場所です。脂肪吸引をした後はすぐに包帯などを巻いて固定し、患部を圧迫します。

圧迫が終わった後は、包帯を取るタイミングでゴムバンドなどの圧迫を着用し、脂肪層を固定します。

太ももとふくらはぎは分けて吸引することもできますが、同時に吸引することもできます。吸引した場所によって圧迫固定の範囲が変わり、脚全体の場合はロングガードルなどの範囲の広い圧迫下着を身に着けることになります。

反対に、太ももとふくらはぎを分けて吸引した場合には、固定や圧迫は部分的なものとなります。

上半身と違って下半身は血液やリンパなどが滞りやすく、脂肪を吸引した後も引き続き注意が必要です。

包帯が取れたからといって着圧下着を身に着けない、あるいは固定を自分の判断で勝手に取ってしまうと、薄くなった脂肪層に線維が入り込んで吸引前の太さに戻りやすくなってしまいます。

太ももは特に太さが目立つ部位なので、しっかりと固定を行い、圧迫下着を身に着けて過ごすようにしましょう。

術後の圧迫については、専用の着圧下着を自前で購入するという方法もありますが、市販品は圧が弱いためおすすめはできません。脂肪を薄いままで安定化させたい場合には、クリニックが用意したものを使うようにしましょう。

太もも

太ももはお尻に近い付け根部分からひざに近い場所まで、比較的広範囲に脂肪が吸引される場所です。

吸引後は椅子やベッド、床などに直接座ることで患部に負担をかけ、痛みが出るおそれがあります。特に吸引してから麻酔がきれる頃は、トイレに腰をかけるだけでも痛みが出る場合があるので、中腰など工夫をして痛みを和らげるようにしましょう。

術後は内出血や腫れのほか、浸出液が漏れだすおそれがあります。そのようなトラブルを最小限に抑えるためにも、多少きつい程度の圧迫が必要不可欠です。

圧迫は患部を固定し、傷口が開かないように抑える方法ですから、痛みやかゆみなどを感じても自己判断で外さないように注意が必要です。

圧迫下着として使われているロングガードルは、太ももを広範囲に吸引した場合に使われるアイテムです。こちらは着用しながらでも用が足せるように、チャックが付いているものもあります。

術後の圧迫は、患部が落ち着く数日間は包帯を固定として使用し、その後ガードルなどに履き替えて1ヶ月間生活します。

脂肪の状態が落ち着くまでは着用を続けるようにしたいのですが、仕事の関係などでどうしても外さなければならない場合には、自宅に戻ってから着用するなど、工夫をするようにしてください。

包帯は手術日当日から数日程度で取り外しができますが、その間に患部に問題が出たり、歩行などに障害が出る場合は一度クリニックに相談されることをおすすめします。

ふくらはぎ

ふくらはぎは太ももに比べて脂肪の量が少ない部位ですが、人によって取れる量が違う部分でもあります。

ダウンタイムは太ももと同様に1ヶ月程度となり、手術後すぐに包帯などを使って圧迫固定を行います。固定は術後数日で外れますが、やはり歩行に問題が生じたり、内出血や腫れがひどい、痛み止めを飲んでも収まらないといった場合にはクリニックに相談するようにしてください。

包帯が取れた後は、ふくらはぎ全体を覆うハイソックスのような着圧下着を身に着けて患部に圧をかけていきます。

こちらも太ももと同様、仕事などの関係で一時的に外さなければならない場合には自宅に帰ってから履き直すようにして、できるだけ長く着用を続けるようにしてください。

参考: e-ヘルスネット(厚生労働省):皮下脂肪型肥満

脂肪吸引ができない太もも、ふくらはぎの場所とその理由

太ももやふくらはぎのうち、脂肪吸引ができない場所には、いくつかの特徴があります。

すでに脂肪吸引を受けた箇所

すでに脂肪吸引を受けている箇所については、繰り返し脂肪吸引を行うのは避けた方が良いと言われています。

見た目にはあまり痩せていないように見えても、取り除ける脂肪の量そのものは確実に減っており、吸引を繰り返すごとにその部分が硬くなってしまう可能性があるためです。

ふくらはぎの場合、筋肉がしっかりと付いているために太く見える場合があります。このようなケースについては脂肪吸引ではなく、ボトックス注射を併用する方法が選択できます。

太ももの場合は脂肪吸引を繰り返すのではなく、脂肪が気になる部分に脂肪溶解注射などを組み合わせることができます。注射治療のため跡が残らず、安全に脂肪を減らしていくことができます。

脂肪の量が少ない

もともと脂肪の量が少なく、十分な細さがあると判断できるケースについては、無理に吸引治療を行う必要はありません。

実際に手術を行うかどうかは医師の判断にもよりますが、脂肪量が少ない人が脂肪吸引を行っても、実際に取れる脂肪の量はあまり多くはない可能性があります。

また、脂肪の少ない箇所を吸引すると、術後の皮膚の凹凸が目立つリスクも考えられます。このようなリスクを考慮したうえで、脂肪吸引治療を行うことが大切です。

脂肪の量が少なくてもとにかく極限まで細くなりたい、もしくは限界まで脂肪を除去してもらいたいという場合には、吸引量が多いベイザー脂肪吸引のような方法を選ぶ必要があります。

ベイザー脂肪吸引は最新式の脂肪吸引治療で、血管や神経などを傷つけずに、皮膚の浅い部分についた脂肪も取り除くことが可能です。

そのため、従来の方法では取れなかった部分まで脂肪を除去できるので、しっかり脂肪を取りたいといったニーズに応えられる治療方法となります。

怪我や皮膚にトラブルが出ている

太ももやふくらはぎに限らず、脂肪吸引治療を受ける箇所は健康で、安全に治療が行える状態でなくてはなりません。

皮膚の表面に火傷や創傷などのトラブルが出ていたり、火傷や骨折などの怪我の治療中、もしくはトラブルが再発するおそれがある場合には、吸引ができない場所となります。

皮膚のトラブルが治るまで時間を置いてから吸引治療を行うか、別の場所から吸引治療を行うなど、医師によって判断が異なります。

脂肪吸引を行う範囲にトラブルが出ていても、必ずしも治療が拒否されるというわけではありません。

程度や症状の種類によって医師が最終的な判断を行うことになりますが、少しでも安全に脂肪吸引を行うためにも、トラブルがない状態での治療が望ましいとされています。

貧血症状がある場合

太ももは体の中でも比較的脂肪の量が多く、吸引範囲の広い部位になります。

貧血症状を持っている、もしくは貧血のおそれがある方、また生理中の方については、術前検査で貧血と診断されたら、吸引治療を行うことができません。

貧血の程度が軽ければ治療を行うことが可能ですが、医師とよく相談のうえ、体調を万全にして手術を受けることが大切です。

妊娠中・授乳中の場合

授乳中や妊娠中の方は胎児や母体へのリスクを考慮して、脂肪吸引を受けることができません。出産や授乳期間を終えてから、体調が戻った状態で吸引治療を受けるようにしましょう。

18歳未満もしくは高齢の方

太ももやふくらはぎは、腹部などに比べてリスクの少ない部位ではありますが、年齢によっては脂肪吸引手術が難しい場合があります。 まず18歳未満の方は、年齢的に未発達であるために、吸引ができない場所がある場合があります。

多くの美容外科では、「20歳以上」であることが吸引術を受けるための最低条件です。これは、体が十分に出来あがっていない状態で吸引手術を行うと、身体的にリスクを負う可能性があるためです。

反対に高齢者の場合は、合併症のリスクが大きくなることと、脂肪吸引によって皮膚にたるみが出てしまうおそれがあります。そのため、見た目が老け込んで見えるリスクを考慮したうえで、手術が可能かどうかを医師が判断します。

おすすめ記事をチェック!

こちらでは、太ももや脚、ふくらはぎの脂肪吸引を体験されたブロガーさんのおすすめ記事を3つ紹介します。

記事名:3週間経過

ブロガー:minatoさん

リリーのコメントminatoさんは手術後3週間目の様子を詳しく掲載しているよ。写真もあるからよく見てみてね。さすがに3週間もたつと腫れも肺出血もだいぶ引いてるみたい。だいぶ脚も細くなっている様子が分かるね。

経過は順調そうだから、3ヵ月後には、きっとすごくきれいな脚になっているはず。

≫3週間経過したminatoさんのブログを読む

記事名:手術後二日目(最初の通院日)

ブロガー:猫子*necoco*さん

リリーのコメント手術が終わって最初の通院日の様子が詳しく書かれてます。猫子さん、なんだか嬉しそうね。それもそのはず、最初の通院でもう脚が細くなっていたのだから。しかも、見た目的にもだいぶきれい。写真があるので、要チェック!

以前もベイザーで脂肪吸引をしたことがあるそうなんだけど、その時に比べると、今回はかなり変化があるみたい。

≫手術を終えた猫子*necoco*さんのブログを読む

記事名:【脂肪吸引 9日目】抜糸は痛くない(本当)

ブロガー:うさこさん

ポポのコメントみんな恐れる抜糸について、うさこさんがブログでレポート!手術の後の抜糸って痛そうなイメージがあるけど、うさこさん、ぜんぜん痛みがなかったんだって。最近の抜糸はそんなものらしいね。

でも、うさこさんそれで安心してしまったのか、抜糸当日に施術したところをマッサージしてしまったそう…。そのせいで痛みが出てしまって夜眠れなかったとか。マッサージは手術1ヵ月後からだよ。

経過は順調らしいので、続きはブログへ!

≫手術の後に抜糸をしたうさこさんのブログを読む

 
ページの先頭へ
脂肪吸引の体験者ブログまとめ~みんなの本音をチェック~