脂肪吸引の体験ブログから、失敗しないクリニック選びを学べるサイト

脂肪吸引の体験者ブログまとめ~みんなの本音をチェック~

お腹、ウエスト

ここでは、お腹(ウエスト)の脂肪吸引について紹介しています。手術、また手術後の具体的な流れ、そして実際に脂肪吸引手術を受けた人たちのブログをいくつか紹介。参考にしてみてください。

お腹・ウエストの脂肪吸引の特徴

はじめに、お腹(ウエスト)の脂肪吸引はどのような特徴があるか見ていきましょう。

お腹(ウエスト)の脂肪吸引

お腹お腹の脂肪吸引手術は比較的大がかりなので、麻酔で眠った状態で行うのが普通です。血圧測定等を行いながら、健康状態へ細心の配慮を行いつつ手術をすすめます。目が覚めたときには手術は終了しています。

手術の翌日には包帯を外し、圧迫方法や消毒方法を習います。その後、1ヶ月健診、3ヶ月健診があり、医師による状態の確認等を行って終了です。

ダウンタイムでは、手術4日目ごろから内出血が見られるようになります。むくみがひどくなる人もいますが、想定内の症状なのでとくに心配する必要はありません。

術後1週間ごろから、施術した部分が固くなり始めます。こちらもダウンタイム内での想定の症状。同じころ、逆に内出血は目立たなくなってきます。

術後1ヶ月ごろには、硬かった部分が柔らかくなり始め、およそ3ヶ月で安定した状態になります。

脂肪は全部吸引していいの?内臓脂肪は吸引できるの?

脂肪吸引で体内にある脂肪を全て吸引してはいけません。その理由としては、脂肪吸引後に余った皮膚がたるんでしまい理想から離れてしまうからです。しかし、同じ量の脂肪が付いていても人によって皮膚のハリや弾力、薄さなどは違うため、状態を見極めてそれぞれに合った量の脂肪を吸引します。このようなことからお腹の脂肪を全て取り除くことはできません。

脂肪吸引で取ることができるのは皮下脂肪です。皮下脂肪は皮膚のすぐ下にある脂肪ですが、内臓脂肪はその奥にある、内臓周辺の腸間膜部分に付いています。腸間膜は胃や腸を覆っているため、周辺についた脂肪を吸引するとなると内臓まで傷つけてしまう可能性があるため危険です。このような理由もあり内臓脂肪の吸引は出来ません。

脂肪吸引を受ける前はこのような知識も入れて置く必要があります。きちんと理解してから手術を受けるようにしましょう。

術後のケアをサボるのはダメ!

脂肪吸引をすると、細胞にある血管にダメージを与えてしまうため必ず内出血や腫れの症状が出てしまいます。皮膚の薄い人、色白の人、負担の大きい手術を受けたことがある人は症状が大きくなることがありますが個人差はあります。

症状を最小限に抑え、術後の状態を良くするためにコルセットやウエストニッパーを装着してケアします。内出血は1週間ほどで良くなっていきますが、負担が大きい人は2週間ほど続く場合もあります。下半身の脂肪吸引よりも上半身のほうが症状は軽いが、その中でもお腹のダウンタイムは上半身の部位の中でも長く続きます。

症状の大きさに関わらず術後はきちんとケアしなくてはいけません。ケアをサボってしまうと色素が沈着し肌の状態が悪くなったり、腫れが引かなかったりとダウンタイムが長くなってしまいます。後悔しないためにもきちんとしたケアが必要です。紹介しているブログに術後の様子などの内容と写真も載っているのでどのような感じなのか見てみてください。

ウエストニッパーとコルセットの紹介

脂肪吸引後のケアにはウエストニッパーやコルセットの装着が必要になります。ではどのようなタイプがあるのでしょうか?

 

Eternal脂肪吸引術後下着(ハイパーコルセットニッパー(ショーツ一体型)

この術後下着は薄手だけどしっかりと圧迫してくれ、着ていることを気にせずオシャレを楽しむことができます。ショーツ一体型はずれ上がることがないので安心して履くことができます、ショーツなしのタイプを選ぶことも出来ます。圧迫の度合いも調整することができるので、術後の経過状況に合わせることも出来ます。サイズも豊富でS・M・L・2L・3Lから選べます。

脂肪吸引術後下着

引用元:脂肪吸引術後下着 - 美容外科クリニックでも導入されている安心の術後圧迫下着です
http://eternal-beauty.jp/cosmecare/

【価格】

通常価格:11,800円(税抜)

割引価格:【S~L】8,000円(税抜)【2L、3L】9,000円(税抜)

*ショーツ一体型とショーツなしの価格は同じです。

*送料:全国一律350円

*15,000円以上購入で送料無料

 

医療用ウエストニッパー

胸の下から腰回りまで約30cmの長さがあり、お腹全体をしっかりとサポートしてくれます。ホックは縦16列あり6段階の調整が可能で伸縮性もあり、腫れ具合や回復の状態を見て微調整することができます。脂肪吸引術後の補正のため以外にも、姿勢矯正やコルセットとしても使用することができるのでダウンタイムが終わっても使用することができます。サイズはS・M・L・LLの4つです。

医療用サポーター

引用元:医療用サポーター(脂肪吸引後の圧迫ケア用品) | アフターケア | 美容整形、美容外科、美容皮膚科なら聖心美容クリニック
https://www.biyougeka.com/contents/care/medical_girdle/

【価格】

【S~L】8,500円(税抜)【LL】9,500円(税抜)

 

圧着下着は1日24時間つけ、1ヶ月以上着るものなので、種類やサイズはきちんと確認してから購入するようにしましょう。1着だと着まわせないので、2着以上購入することをおすすめします。

ブログを選ぶ基準

お腹の脂肪吸引に関することで、実際に体験した人のブログを見て疑問を解決したり参考にしたりすると思いますが、たくさんある体験ブログがある中でどのようなブログを見るかは大切なことになります。ブログを選ぶときは次のようなポイントを押さえてから選びましょう。

  • 体型の変化や手術前後の状態が分かる写真などが載っている
  • 術後の状態など、経過報告がきちんとされている
  • 個人的な感想が載っている

このようなポイントを抑えて体験ブログを選ぶようにしましょう。

下で紹介しているえむ子さんやありゅさんなどのブログには、経過報告や写真などが載せられているので術後の様子なども分かりやすいです。個人の感想もしっかり書かれているのでブログを見て参考にしてみてください。

お腹、ウエストの術後圧迫について

お腹やウエストの脂肪吸引は比較的広範囲にわたるケースが多く、全身麻酔から覚めた後はすぐに患部の圧迫固定を行います。

はじめは浸出液や血液などを受け止めるために包帯を巻きますが、その時点でしっかりと患部を圧迫します。手術後からすぐにダウンタイムが始まっていますので、ここで包帯を勝手に外したりすることはできません。

どうしても包帯を解かなければならない非常時以外は、基本的にウエストは固定されたままになっています。

包帯が取れた後はウエストニッパーと呼ばれるガードルのようなものを身に付けたり、クリニックによっては伸縮性のあるウエスト用のバンドを腹部に巻きます。

ダウンタイム中は内出血がお腹の各所にみられますが、大量出血や激しい痛みなどがなければ特に心配する必要はありません。

椅子やベッドなどに接するお尻や太ももとは違って、お腹はどこかに常に触れているような部位ではないので、ダウンタイム中に激しい痛みが襲う心配はあまり多くはなく、激しい動きを控えていれば問題なく過ごすことができます。

お腹の圧迫で重要なことは、他の部位と同じく圧迫固定を勝手に外さないことです。

手術直後はほっそりとしていても、勝手に固定や着圧下着を外してしまうと、取った脂肪に線維が入り込んで、理想通りの細さに収まらない可能性が出てしまいます。

ウエストニッパーやウエストバンドなどの着圧下着も、ダウンタイム期間中は極力外さずに過ごしましょう。

また、お腹の場合は上下で折り目がつきやすいことから、正しい姿勢でダウンタイムを過ごすことも大切なポイントになります。圧迫固定をしているからといって姿勢が歪んだままでいると、腹部にシワがついてしまう場合があります。

術後一定時間が経過した頃からマッサージを始めますが、施術部位に多少の痛みが走ることもあります。しかし施術部位の硬縮を防ぐためにも、お腹の硬くなった部分を中心にしっかりとほぐしていきましょう。

Googleスカラ該当無し

おすすめ記事をチェック!

実際にお腹(ウエスト)の脂肪吸引を体験した、3名のブロガーさんのおすすめ記事を紹介します。

記事名:手術当日

ブロガー:えむ子さん

ポポのコメントブロガーのえむ子さんが実際にお腹の脂肪吸引をした当日の様子を語っているよ。これ読むとちょっと引いてしまうかもしれないけど、でも痩せるためなら頑張ってほしいな。良いことばかりではなく、当日は結構大変ってところがリアリティあるわ。

手術前に真っ赤にマーキングされた状態で手術台へ。うつ伏せだって。その後、薬を入れて、また追加の薬を入れて…、と思ったら手術が終了していたとのこと。

そのあとベッドに横になって休んでいたみたいなんだけど、ここからが大変そう。ふらふらしたり吐き気がしたりしてしばらく休んでいたみたい。結局電車では帰れずタクシーで帰宅。タクシーの中でも、帰宅してからも爆睡。麻酔のせいかな…。時計を見る余裕もなくて、何時に帰ったかも分からないそう。

これを読むとお腹の脂肪吸引って怖くなってくるけど、でもこれ、脂肪吸引手術のせいというよりも、麻酔の影響のような気がする。麻酔しなければ手術もできないし、麻酔が抜ければ体調も回復するだろうし、大変だけど1日は我慢ってことかしら。

えむ子さんのリアルなお話。ブログにもっと詳しいので、一度読んでみてね。

≫このブログを読む

記事名:1ヶ月(脂肪吸引前と比較)

ブロガー:ありゅさん

リリーのコメントえむ子さんの手術当日のお話を聞くと、ちょっと脂肪吸引手術が怖くなってくるけど、ありゅさんの記事を読めば勇気づけられそうだよ。

ありゅさんは手術1ヶ月後のことを書いてるよ。1ヶ月前の写真と比べてみて、思わず「すごい…」って思ったそう。こんなにも細くなれるなんて、と感動している様子。自信をもって外出できるって言ってるわ。

まだ手術後1ヶ月なのに、そんなに違うんだね。3ヶ月後にはもっと細くなっているみたいだから、ありゅさん、きっと楽しみね。

苦労した甲斐があったありゅさんの脂肪吸引、一読の価値あるよ。

≫このブログを読む

記事名:脂肪吸引3日目(腹部上下、腰)〜凄まじい回復力~

ブロガー:ninaさん

リリーのコメントそしてninaさんのブログ。脂肪吸引をして3日目のお話なんだけど、これで少しお腹の脂肪吸引への恐怖心も和らぐかも。手術3日目の話だよ。

前日までは術後の痛みとの戦いで、寝返りを打つのも大変だったんだって。でも3日目になって、ウソのように痛みは飛んでいったそう。下腹部のあたりが少し痩せていたので、ホックを一段きつくすることができたみたい。

≫このブログを読む

 
ページの先頭へ
脂肪吸引の体験者ブログまとめ~みんなの本音をチェック~