えむ子さん

管理人:ぽぽ

ここでは、二の腕とお腹の脂肪吸引をやった「えむ子」さんのブログを紹介します。色々大変だったことも描かれていますが、結果としては、脂肪吸引をやってよかったとのことです。

ちなみに、施術したクリニックは大阪雅-miyabi-美容外科。

「えむ子の脂肪吸引ストーリー」の紹介

えむ子の脂肪吸引ストーリーブログキャプチャ
引用元HP:えむ子の脂肪吸引ストーリー https://ameblo.jp/mco-xoxo/

ブログの特徴は、ほかのどの脂肪吸引ブログよりも情報量が多いということ。文章も写真も毎回十分な量がアップされています。

お腹の結果に満足したえむ子さんは、二の腕も手術したようです。人気部位のお腹と二の腕について、このブログ一つでかなりの情報を得られます。

とくに写真については、毎回下着姿で撮影したものが掲載されているので、経過が一目瞭然。お腹は、手術後は傷跡や内出血が痛々しいのですが、時間が経過するとちゃんと綺麗に戻っているのが分かります。

ブログの更新頻度も多いのが良い点。カウンセリングから3ヶ月健診まで一定ペースで頻繁に更新されているので、全体的な流れが良くわかります。3日目から仕事復帰できたことから、内出血、浮腫み、硬縮など順を追ってやってくる副作用の経過がとても分かりやすくて◎なブログです。

おすすめブログ記事をチェック!

翌日検診(手術後1日目)

えむ子(大阪雅)ブログキャプチャ
引用元HP:えむ子の脂肪吸引ストーリー https://ameblo.jp/mco-xoxo/entry-11948215888.html?frm=theme

お腹の脂肪吸引を終えて1日目の様子をレポート。手術当日にあった吐き気やめまいなどはすっかり良くなっていたようよ。でも、お腹と背中に筋肉痛みたいな痛みがあって、ベッドから起き上がるのもつらかったみたい。

翌日検診でクリニックへ行き、包帯の下にあったスポンジを取ってみたら「細い!」と感激。1日でこんなに細くなるとは思っていなかったので、脂肪吸引って本当に凄いと大喜びしちゃったんだって。術後1日目の写真を見ても、確かに術前より細くなってる!これなら頑張ろうって気にもなるね。

15日目(あいかわらずつっぱる)

脂肪吸引から半月経ち、現在は「お腹の前面が固い」「皮膚の下に何かある感じで突っ張る」といった状態。腰とウエストラインにはそういう感覚はなくて、腰回りが少しかゆくなってきたみたい。でも、掻いてもかゆみのある部分まで届かない…って感じなんだって。皮膚の感覚がちょっと鈍くなっているのかな?日常生活は問題ないみたいだけど、少し心配だよ〜。

1カ月検診

1ヶ月検診のため、久々にクリニックへ足を運んだときの様子。先生に気になるお腹の状態を見てもらったところ、「形もすごくキレイで問題ない」とのこと。良かったね!

でも、サイズ測定をしてもらったらへそ上が3ミリしか減っていなくてスタッフさんもビックリ。どうやら胃の上部にある部分なので、食事をとった後だとサイズが上がるみたい。確かに検診前にご飯を食べたみたいだけど、それでもショックだよね…。

でもでも、へそ周りのサイズはマイナス8センチ!へそ下もマイナス5センチと順調にサイズダウン。そろそろダイエットも頑張ろうかな…という気持ちになったみたい。いい傾向だね。

1か月と27日

えむ子(大阪雅)ブログキャプチャ
引用元HP:えむ子の脂肪吸引ストーリー https://ameblo.jp/mco-xoxo/entry-11970922598.html?frm=theme

約2ヶ月経って、ぺったんこのお腹にも慣れてきた様子。違和感もほとんどなく、「本当にやって良かった」と思えているみたい。術後はつらい時期もあるけど、やって良かったと思える手術で本当に良かった。えむ子さんの努力と、良いクリニックに巡り会えたおかげかもね。

この日は写真が掲載してあって、横から見てもぽっこりお腹がなくなっている様子が見られるよ。3ヶ月後の仕上がりが、とっても楽しみだね!

えむ子さんの簡単なプロフィール

えむ子さんは大阪で病棟看護師をつとめる、20代の女性。人と話すこと、おいしいものを食べることが好きで、コスメとファッションに関心が高く、ごく普通の生活を送っているという女子力の高い女性です。

物心ついた頃からぽっちゃり体型で、自身の体格を気にされていたというえむ子さん。普段は「病棟看護師」という仕事量の多いお仕事をされていますが、美ボディを求めてダイエットを続け、そのたびにリバウンドを繰り返しては、食事制限や置き換えダイエットなどさまざまな痩身方法にチャレンジしてきたそうです。

ダイエットのたびにリバウンドを繰り返す生活に終止符を打つべく、2014年より太もも全周の脂肪吸引をスタート。その2ヶ月後に腹部・ウエスト・背中を吸引し、翌年2月には二の腕と付け根の吸引も行っています。

ブログではこまめに吸引箇所のサイズチェックを行い、実際に細くなったことを実感されています。二の腕と付け根の吸引をもって、脂肪吸引からは卒業されていますが、ぽっちゃり体型時代から気にしていた部分をくまなく吸引している点が参考になりますね。

写真を見たところ、術前でも太りすぎといった印象はありませんが、手術前後の写真を掲載してビフォーアフターを比較しているので、脂肪吸引の効果がわかりやすくなっています。

えむ子さんが脂肪吸引に至ったきっかけ等

えむ子さんが脂肪吸引を行ったのは、ダイエットのたびにリバウンドを繰り返してきたため。よくある、ダイエット後に元に戻ってしまうパターンと考えられます。

また、エステ・ファスティング・置き換えダイエット・通販で購入したダイエットマシーンなど、ありとあらゆるダイエット方法を試しても、いつも効果がなかったことなども理由として挙げられています。

食事制限やファスティングなどはきつくて苦しいダイエットの部類に入りますが、このような無茶な痩身にも挑戦し、その結果リバウンドを繰り返してきたということで、結果的に脂肪吸引に踏み切られたようです。

確かに、食事制限はもっとも簡単に試せるダイエット方法の一つです。運動と組み合わせることで何十キロも痩せられると言われてはいますが、痩せるまで続けるというのも一苦労ですよね。

エステやダイエットマシーンなども一見高い効果がありそうですが、エステに通いつづける場合の予算の問題や、ダイエットマシーンを使い続けるという作業は難しいものです。

えむ子さんのように病棟看護師をされている場合、仕事疲れでダイエットが続きにくいというのもあるかもしれません。

初めての脂肪吸引治療は2014年9月とのことですが、ブログが始まったのはその次の10月から。腹部の吸引治療のため、カウンセリングを受けるところから書かれています。

えむ子さんが初めてクリニックで脂肪のつき具合を診てもらった時、「内臓脂肪が多いからダイエットもしてください」と言われ、「ダイエットがんばる。笑」と、ダイエットにも取り組むことになっています。

脂肪吸引は気になる部分を確実に細くさせられるのですが、それだけでは完璧ではなく、食生活や生活習慣によってはすぐに元に戻ってしまいます。

えむ子さんが受診した「大阪雅-miyabi-美容外科」では、きちんと術後のことも考えてアドバイスをしてくださったようで、信頼性の高さがうかがえますね。

ちなみに、大阪雅-miyabi-美容外科では二の腕と付け根の手術が終わった後に「これで完成になりますけど、少しでも気になる事があれば連絡をくださいね」とフォローがされています。

施術が終わった後にきちんと「完成です」「何かあれば連絡を」とフォローアップをしてくれるところにも、クリニックの心遣いが見て取れますね。

脂肪吸引したいなら
読んでおくべき!
神ブログ4